群馬県の産業廃棄物収集運搬許可なら行政書士松村豊事務所

ご挨拶

 ホームページをご覧いただきありがとうございます。行政書士の松村豊です。私は大学卒業後、民間企業(東京の大手私鉄のグループ企業)で12年間働き、在職中に行政書士試験に合格しました。その後、会社を退職し故郷群馬に戻り、開業しました。当事務所は特に産業廃棄物収集運搬許可申請(積替え保管なし)を得意としております。産業廃棄物収集運搬許可申請は国家資格を持つ専門家である行政書士にお任せください。事務所もちょうど群馬県の真ん中に位置しており群馬県庁、前橋市役所、法務局に車で10分でアクセス可能です。また当事務所ではお客様に事務所に来所していただく事なく代表である行政書士自らがお客様のご指定の場所までお伺いします。群馬県内であれば無料で出張させていただきます。新規申請・更新申請・各種変更届等承ります他県の申請もお任せ下さい群馬県・埼玉県・東京都・長野県・栃木県等に申請実績がございます。まずはお気軽にご連絡下さい。どうぞ宜しくお願いします。

 

行政書士 松村豊事務所

 

代表 松村 豊

 

〒371−0816 群馬県前橋市上佐鳥町116−2

 

TEL:027−289−2970

 

FAX:027−289−2975

 

携帯:090−7813−4248

 

営業時間:9:00〜18:00(土日祝対応


担当行政書士

行政書士 松村豊事務所

 

代表 松村 豊

 

登録番号 第17140966号

 

経歴・職歴

 

・1976年2月13日 群馬県前橋市に生まれる。

 

・二子山幼稚園、前橋市立上川淵小学校、前橋市立春日中学校、前橋育英高校卒業。

 

・1996年4月 明治大学商学部産業経営学科入学。横井ゼミナール、入江教養ゼミナールに所属。

 

・2001年3月 大学卒業。

 

・大学卒業後、旧司法試験を受験するも失敗。

 

・2005年6月 葛梔、設備サービスに入社。

 

・2017年5月 会社を退職し、行政書士松村豊事務所開業。

 

・所属団体:群馬県行政書士会前橋支部 伊藤塾秋桜会


業務の流れ

@まずはお電話・FAX・お問い合わせフォームより当事務所にご連絡ください。お客様のご都合をお伺いして日程調整し、お客様のご指定の場所までお伺いします。必要書類、申請廃棄物の選定、全体の申請スケジュール、報酬・実費についてご説明します。お気軽にご連絡ください。
 TEL:027-289-2970 FAX:027-289-2975 携帯:090-7813-4248

 

A申請の前に講習会を受講していただきます。すでに講習会を受講し修了証を取得済みのお客様は必要ございません。

 

B必要書類収集後、申請書類を作成します。収集車両の撮影やお客様の押印が必要な書類があるので何度かお客様の事務所にお伺いします。出張費用は報酬に含まれています。

 

C申請書類が作成できたら事務所報酬と実費をお支払いただきます

 

D入金が確認できたら直ちに申請いたします。

 

E許可がおりたら許可証を納品いたします。

 

※初回相談料は無料です。
※万が一許可がおりなければ報酬は返金します。


よくあるご質問

Q1:費用は報酬・県証紙代・実費合計でおいくらかかりますか? A:群馬県の産廃収集運搬許可(積替え保管なし)新規申請の場合、当事務所の報酬が税込み129,600円・県証紙代が81,000円・実費が5、000円〜6,000円かかります。合計すると約216,000円ほどかかります。
Q2:許可更新の場合、費用はいくらかかりますか? A:群馬県の場合、当事務所の報酬が税込み86,400円・県証紙代が73,000円・実費が5,000円〜6,000円かかります。合計すると約165,000円ほどかかります。
Q3:実費とは何の費用ですか? A:申請者が法人(会社)の場合、役員全員の住民票、登記されていないことの証明書、法人の納税証明書、履歴事項全部証明書等を提出するので、その取得手数料になります。
Q4:別途、日当・旅費を請求されますか? A:県外に出張する場合はかかった費用電車賃・ガソリン代・高速代)を請求させていただきます。
Q5:会社の決算が悪いですが申請できますか? A:群馬県の場合、会社の決算が直近3期連続赤字で3期連続債務超過だと中小企業診断士の作成した経営診断書を提出しなければなりません。そのような場合には中小企業診断士協会を通じて専門の診断士さんに依頼するので、問題なく申請できます。但し、診断書作成料が別途かかります。
Q6:講習会は有効期限が5年と2年のものがありますがどちらを受講すればいいですか? A:産廃許可をお持ちでなく、はじめて申請する場合は5年、産廃許可をお持ちで更新の申請をする場合は2年のものを受講して下さい。
Q7:収集運搬車両は他人所有の車両でいいですか? A:使用車両の車検証を提出するので所有者か使用者の欄に申請者が記載されていなければなりません
Q8:廃蛍光管をフレコンバッグで運搬しても許可が下りますか? A:廃蛍光管は水銀使用製品なので専用の運搬ケースで運搬し破損して中の水銀が飛散しないようにしなければなりません。運搬ケースは安価な値段で売られているのでご用意していない場合は早急に準備してください。
Q9:収集運搬車に産業廃棄物収集運搬車と書かないと許可が下りませんか? A:法律上、書かなければなりません、車両を板金塗装屋さんに持ち込んで書いてもらわなくても、着脱可能なマグネット式サインで十分なのであまり気にしなくても大丈夫です。
Q10:車両の写真ですが全車揃うのが早朝か、会社の休日しかありません。それでも撮影にきてくれますか? A:問題なく訪問させていただきます
Q11:万が一、許可取得に失敗したらどう責任を取りますか? A:その場合はお客様からいただいたお金は全て返金致します。


申請代行費用

産業廃棄物収集運搬新規120,000

 

産業廃棄物収集運搬更新80,000

 

変更許可申請:50,000

 

廃止又は変更の届出:30,000

 

※他に消費税県証紙代交通費(群馬県外に出張の場合)がかかります。


産業廃棄物とは何か

産業廃棄物とは法律で以下の20種類が定められています。以下の廃棄物を他人から委託を受けて有償で収集運搬するには許可が必要になります。なお排出業者が自ら収集運搬する場合は許可は不要です。

 

@燃え殻:焼却残さ、石灰がら等
A汚泥:建設汚泥等
B廃油:動植物性油脂、鉱物油等
C廃酸:廃硫酸、廃塩酸等
D廃アルカリ:廃ソーダ液等
E廃プラスチック類:廃タイヤ、廃スチロール、合成繊維等
Fゴムくず:天然ゴムくず等
G金属くず:スクラップ等
Hガラスくず:コンクリートくず及び陶磁器くず:コンクリートくず等
I鉱さい:不良鉱石、不良石炭、粉炭かす等
Jがれき類:コンクリート破片、廃石膏ボード等
Kばいじん:ばい煙発生施設から生じたもの等
L繊維くず:畳、天然繊維等
M木くず:木材片、おがくず等
N紙くず:壁紙、障子等
O動物の死体:家畜の死体

P動物の糞尿:家畜の糞尿
Q動物系固形不要物:獣畜・食鳥の不要物
R動物性残さ:原料として使用した動植物の不要物
S政令第13号廃棄物


許可の種類

@新規申請:群馬県内で初めて産業廃棄物収集運搬する場合は新規許可申請が必要です。※

 

A変更許可申請:事業の範囲を変更する場合は変更許可申請が必要になります。

 

B更新許可申請:産業廃棄物収集運搬業の有効期限(5年間)が経過しても引き続き収集運搬業を行う場合は更新許可申請を行わなければなりません。更新許可申請は許可期限の3ヶ月前から申請できます。

 

C廃止又は変更の届出:事業の全部若しくは一部を廃止したとき、又は住所その他の環境省令で定める事項を変更したときは、廃止または変更の届け出を10日以内に提出しなければなりません。

 

※例えば群馬県で産業廃棄物を収集し栃木県を通過して茨城県に運搬する場合、群馬県と茨城県の許可が必要になります。通過する栃木県の許可は必要ありません。


事務所概要・連絡先

行政書士 松村豊事務所

 

代表 松村 豊  

 

登録番号 第17140966号

 

住所:〒371−0816 群馬県前橋市上佐鳥町116−2

 

TEL:027−289−2970 

 

携帯:090−7813−4248

 

FAX:027−289−2975

 

営業時間:9:00〜18:00(土日祝対応

 

報酬振込先:群馬銀行 前橋駅南支店
        普通口座0693889
        行政書士松村豊事務所 松村豊



お問い合わせフォーム 車庫証明 各種自動車登録 日本行政書士会連合会 群馬県行政書士会